手術費用

単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズの手術費用(片目)

片目
1割負担 15,000
3割負担 45,000

※費用には個人差があるため、目安の費用です。また、厚生労働省が定める診療報酬点数の改定に伴って大きく変更になる場合があります。

高齢者(70歳以上)の方の自己負担について

高齢者(70歳以上) 窓口負担 外来自己負担上限
<高齢者>
夫婦世帯で年収520万円以上、
単身世帯で年収383万円以上
3割 44,400円/月
<一般> 1割 12,000円/月
<住民税非課税者> 1割 8,000円/月

多焦点眼内レンズ

レンズの種類 両眼
ファインビジョン(3焦点) 800,000
テクニス・マルチフォーカスレンズ(2焦点) 600,000

※多焦点眼内レンズは保険適応外の自費診療となります。

医療費控除と給付金について(先進医療給付金は不要)

民間保険会社による給付金

医療費控除と給付金について患者様が契約されている保険によって、手術給付金が支給される場合があります。契約内容などにより支給の有無や金額は変わってきますので、詳細については契約されている保険会社にご確認ください。

医療費控除

医療費控除医療費控除は、場合、確定申告後に税金が減額、または還付金を受け取ることができる制度であり、昨年1年間に支払った医療費が、本人と家族を合わせて10万円を超えた場合に申告できます。また、総所得金額等が200万円未満の場合、その5%を超えた医療費が対象になります。なお、医療機関への通院に使った交通費も申告できます。医療機関で支払った際の領収書だけでなく、交通費の領収書も大切に保管してください。

高額療養費制度

高額療養費制度は、1ヶ月の自己負担額が限度額を超えた際に、超えた分の還付を後日受けられるものです。世帯収入などにより限度額が異なり、自己負担額の上限は医療機関ごとに計算されるため注意が必要です。申請方法などについては、区役所や市町村役場などでご確認ください。

単焦点眼内レンズの手術は片目ずつ行います。同じ月に片方ともう片方の手術を受けると、医療費の還付が受けられる可能性があるため、手術のスケジュール決定の際には考慮ください。ただし、多焦点眼内レンズの手術費用の自費分は、高額療養費の対象にならないのでご注意ください。

詳しくは、厚生労働省のホームページにある『高額療養費制度を利用される皆さまへ』というPDFファイルをご確認ください。

北あやせよつば眼科 オフィシャルサイト 北あやせよつば眼科 糖尿病網膜症専門外来 口コミを見る 口コミを書く